創業60周年。ありがとう。感謝を込めて。

創業60周年。ありがとう。感謝を込めて。

株式会社ひらつか建築は、平成30年4月1日で創業60周年を迎えました。これほどの長きにわたり事業を続けることができましたのも、地域の皆様に支えられ、育てていただいたおかげと厚く感謝いたしております。現在のひらつか建築は、先代が母と共に築いた「地域の家守り」という礎の上にあります。そして迎えた60周年をひとつの節目とし、新たなロゴマーク、「生き続ける家がある。今へ、そしてこれからも。」という新たなコンセプトと共に、社員一同心をひとつにして次の100周年に向けて歩むことを決意いたしました。これまでも、そしてこれからも、先代から受け継いだ職人の信念を持ち、ふるさと多賀への感謝を地域への貢献でお返ししながら、皆様の身近にあるおかかえ大工として尽力してまいります。今後とも、益々のご支援とご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。 平成30年4月 代表取締役 平塚一弘
株式会社ひらつか建築は、平成30年4月1日で創業60周年を迎えました。これほどの長きにわたり事業を続けることができましたのも、地域の皆様に支えられ、育てていただいたおかげと厚く感謝いたしております。現在のひらつか建築は、先代が母と共に築いた「地域の家守り」という礎の上にあります。そして迎えた60周年をひとつの節目とし、新たなロゴマーク、「生き続ける家がある。今へ、そしてこれからも。」という新たなコンセプトと共に、社員一同心をひとつにして次の100周年に向けて歩むことを決意いたしました。これまでも、そしてこれからも、先代から受け継いだ職人の信念を持ち、ふるさと多賀への感謝を地域への貢献でお返ししながら、皆様の身近にあるおかかえ大工として尽力してまいります。今後とも、益々のご支援とご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。 平成30年4月 代表取締役 平塚一弘

HIRATSUKA の歴史

さらに「ひらつか建築.の歩み」を見る

私たちの想い

「生き続ける家がある。」

一軒の住まい。
家は人と暮らし、家族の記憶が
折り重なって馴染んでゆく。

家は家族の時を預かり、命を支える。
愛着に満ちた家は親から子へと住み継がれ、
家族と共に生き続ける。

永く続くものには、心が宿る。
私たちはこの地に根付く「家守り」として
人々の暮らしに心を尽くし、
住み継ぐことの尊さを伝え続けたいと思う。
今へ、そしてこれからも。

4つの事業内容

住まう

住宅の設計・施工、不動産

5つの木ごころ「木」「季」「気」「器」「喜」をコンセプトに、設計・デザイン・仕様を作り込み、1 棟1 棟を職人が心を込めて創り上げます。住む人の健康と安全を第一に、省エネ、快適を実現する住み継がれる家をご提供します。

暮らす

木の家具・雑貨の製造、販売

暮らしに彩りを添え、日々の生活がより楽しく豊かになるアイテムやオリジナル家具を製造しています。伝統の木組みの技術によって丁寧に作られた家具・木の道具は、永く使う人の暮らしに心地よく溶け込みます。

出会う

山之神スタジオ・朝市
地域貢献・イベント

山之神スタジオは、お客様と共に家づくりについて考える空間であり、さまざまな情報・モノ・人が集まる場所です。定期的に開催するマルシェ、イベントは地域交流の拠点にもなっています。「はじまりは、山之神スタジオから」が私たちの合言葉です。

編出す

保冷倉庫(木冷蔵)・移動収納(I do)
一体基礎(i-ks) ・おとばこ+

実験と検証の繰り返しが、時にどこにもない唯一のテクノロジーを生み出します。家づくりで培われた情報・技術は住宅建築の粋を越え、様々な分野へ。全ての進化は、より豊かな暮らしと社会のためにあると考え、人に必要とされるモノを創造します。

60周年イベント

山之神スタジオへ!

地元の方々に支えられ、安心・安全で永く住まえる住宅を造り続け、お陰様で今年で創業60周年を迎えることとなりま した。その創業から変わらぬ理念と歴史をご紹介するイベントを開催します。

ひらつか建築創業60周年記念

「ひらつか建築60年のあゆみ展」

日時/4月8日〜25日 10時〜17時
場所/山之神スタジオ
(国道306号線「多賀北」信号を東へ500m)
木製マグネット4.jpg